2020/06/28 2020/07/09

在宅勤務を英語勉強のきっかけに!おすすめの学習方法3選

新型コロナウイルスの影響で、私たちのライフスタイルは大きく変わりました。在宅ワークになることが増えたのも、そのひとつです。

通勤していた頃よりも時間の融通が利くようになり、漠然と「何かしなきゃ」と感じている人も多いのではないでしょうか?このタイミングだからこそおすすめしたいのが、英語。

  • 中学英語も自信がない
  • 何から始めていいか分からない
  • 勉強方法が分からない

こうした苦手意識を持ちつつも、「いつかはやりたい」と思っていませんでしたか?

今はオンライン英会話を始め、自宅で自由に学習できる環境が簡単に整います。時間もできた今こそ、これまで先延ばしにしていた英語を始めるチャンスです。

今回は、在宅ワークやテレワークになって英語の勉強を始めたいと考えているあなたに向けて、そのメリットや学習方法のお伝えしていきます!

今がチャンス!在宅ワークで英語を勉強するメリット

在宅ワークの定着率は8割を超えるというニュースもある今、多くの人が「学習」に注目しています。そのような中、なぜあえて英語を選ぶのか?在宅ワークに切り替わったあなたが、英語を始めるメリットを知っていきましょう!

通勤に使ってた時間を当てられる

これまで、あなたは通勤にどれくらいの時間をかけていたでしょうか?30分でも1時間でも、在宅ワークへ切り替わったことにより、往復の通勤時間が削られたはず。

今まで通勤にかけていた時間を英語の勉強に当てれば、1ヶ月でどれくらいの時間になるかイメージしてみてください。1時間であれば30時間、30分でも15時間になるのです。

何より「憂鬱だなぁ」と感じていた時間が有意義なひと時に変わったら、毎日がもっと楽しくなりますよね。もしも最初から1時間も勉強をする自信がないなら、まずは15分から始めてみましょう。

大人になってからの英語は、あなたが思うよりずっと楽しく、達成感を持てる勉強です。「今からやっても遅い」なんてことはありませんので、安心してスタートしてくださいね!

キャリアアップにつながる

「英語でキャリアアップ」と言うと、外資系企業へ転職したり、通訳士として新たな道を志したり……そのような大きなイメージに圧倒されてしまいますよね。でも実は、英語はもっとずっと身近な存在です。

例えば接客業であれば、「訪日外国人のお客さんが増えたなぁ」と感じていませんでしたか?新型コロナの影響が落ち着くまでは観光客も少ない状態が続きますが、完全に終息したあとはどうでしょうか。きっと今まで以上の人が日本にやってくることでしょう。

まずは訪日外国人のお客様に、英語でおもてなしができたら素敵ですよね。また、「在宅だったから何もしていない社員」より、「在宅時間を活かして英語力を伸ばした社員」は当然高く評価されるでしょう。

接客業や観光業以外でも、新型コロナだからと言ってグローバル化が止まったわけではありません。今後、外資系企業との取り引きやコミュニケーションを増やすためにも、今のうちに英語力を少しでも身につけておくのは、あなたにとって大きな強みになります。

在宅ワーク向けおすすめの英語勉強方法3選

ここからは、実際に在宅ワークをしながらでも始められる英語の勉強方法を具体的にご紹介します。3つの勉強方法をピックアップしていますが、どれも気軽に楽しく続けやすいものです。まずは1つずつ試して、あなたに合う勉強方法を見つけてはいかがでしょうか?

海外ドラマや洋楽など趣味を学習に変える

在宅ワークになる前から、海外ドラマを見たり洋楽を聴いたりを趣味にしていた人も多いと思います。あなたが楽しんで視聴しているそのコンテンツは、実は立派な英語学習のツールです。

特に海外ドラマ(映画)は、日常的に使われるナチュラルな表現が多く、実践的な英語の勉強にしていけます。いつもはリラックスして見ているドラマに少しだけ集中して、英語の勉強に変えてみましょう。

基本のステップは、以下のとおり。

①字幕なしで聞き取ってみる

もしも英語にまったく自信がない場合には、この部分は飛ばしても構いません。字幕なしでの聞き取りは、どれくらい聞き取れているか?を把握すると同時に、リスニングだけで大まかな内容を掴み取る力を付けるためにおこないます。

選ぶドラマや映画はあなたが好きなものにしましょう。3分~5分程度のシーンに絞り、字幕なしで聞き取れた単語をノートに書き出していきます。スペルが分からなければカタカナでもOKです。

②字幕で答え合わせをして意味確認

同じシーンを巻き戻し、字幕で答え合わせをします。このとき、表示されている字幕をフルセンテンスで書き写す癖をつけましょう。

また、知らない単語の意味を調べ、何度か巻き戻しながら発音練習をすることも重要です。繰り返す中で、一度は日本語字幕にして理解を深めてくださいね。

③字幕を出してシャドーイング

「シャドーイング」とは、聞こえて来た英語を追いかけるようにリピートする勉強方法です。数多くある英語勉強方法の中でも、特に効果的とされています。

事実、同時通訳者のトレーニングにも採用されているほど。最初は音のつながりなどが上手く発音できませんが、あまり気にしなくて問題ありません。「聞こえてきたまま真似すること」に集中しましょう。

ここまでが、海外ドラマや映画を活用した英語勉強方法のポイントです。同じシーンを暗記するまで毎日反復学習できるとベスト。毎日30分もあればできますので、在宅ワークでできたすきま時間を、楽しく有効活用していけますよ!

無料のオンライン学習サイトを使って勉強する

英語は教材を購入しなくても、お金をかけなくても勉強できる時代です。オンライン上に英語の学習サイトが数多くあり、無料とは思えないコンテンツの充実度!

膨大な数の学習サイトが存在するため、自分に合った1つはなかなかすぐに見つかりません。しかし、無料であれば「あれこれ試して合うものを見つける」ことができますよね。

初心者向けの中学英文法カバーや、日々のリスニング用コンテンツまで、インターネット環境があればスマホでも利用できます。欧米の絵本朗読など、寝る前に使っても負担にならないサイトもたくさんありますので、まずは色々覗いてみましょう。

おすすめの無料オンライン学習サイトをこちらで紹介していますので、ぜひ活用してください!

オンライン英会話を使ってアウトプットする

英語はコミュニケーションツールですので、やはり対話以上に効果的な勉強方法はありません。海外ドラマや無料学習サイトは、自主学習にはぴったりで継続しやすいインプット方法。

しかし日本にて英語を勉強していると、どうしてもアウトプット量が不足しがちに。(これは中上級レベルでも、意識しなければ不足したままです)そこでおすすめしたいツールが、オンライン英会話!

「在宅ワークで英語を勉強したい」という気持ちの本気度が高ければ高いほど、ぜひ利用してもらいたいサービスです。

  • 気軽な無料体験
  • 格安で続けやすい
  • 英語が定着しやすい
  • 自信がつく

英語学習者にとってオンライン英会話が持つメリットは、計り知れません。24時間予約できるスクールも多いので、在宅ワークで余った時間にスムーズに取り入れられます。

「講師とのマンツーマンレッスンは不安…」という方も、安心して大丈夫。オンライン英会話の主流はフィリピン人講師ですが、ゆっくりはっきりと話してくれる人が多く、何より講師はみんな初心者や日本人英語になれています。

どうしても不安が大きい場合には、日本人講師が在籍しているスクールを選びましょう。自己紹介のひと言でも、実際に通じたときの感動は、味わってもらいたい英語学習の醍醐味です。

いくつかのオンライン英会話の無料体験を巡れば、1ヶ月程度受講料を浮かせることもできます。ぜひ、この機会を逃さずに活用していきましょう!

在宅ワークのすきま時間に!おすすめのオンライン英会話

最後に、おすすめのオンライン英会話を5つご紹介します。どのスクールも無料体験がありますので、気軽に英会話を楽しんでくださいね!

レアジョブ英会話

画像引用:レアジョブ英会話公式サイト

無料体験2回
講師フィリピン人
通話ツール独自システム
予約可能時間朝6:00~深夜1:00
料金プラン※一例月額5,800円(1日25分)

業界最大手の『レアジョブ英会話』は、無料体験が充実しているのがおすすめポイント。丁寧なレベル診断と日本人カウンセラーによる学習相談で、初級から進めていきたい人にぴったりのスクールです。

「オンライン英会話準備」や「基礎発音」など、他社にないユニークなカリキュラムも揃っています。まずはレベルから知りたいという方は、『レアジョブ英会話』を受けてみましょう!

無料体験はこちらから

DMM英会話

画像引用:DMM英会話公式サイト

無料体験2回
講師フィリピン人、日本人、ネイティブ
通話ツールSkype
予約可能時間24時間
最安料金プラン月額6,480円(1日25分)

『レアジョブ英会話』と並び業界をリードしている『DMM英会話』の強みは講師の多さ。日本人講師やネイティブ講師も在籍しているため、幅広いレベルのニーズに応えています。

24時間開講という点も魅力ですし、まずは候補に挙げておいて間違いのないスクールです。無料体験で日本人講師を選ぶこともできますので、まったくの初心者さんでも安心してチャレンジできますよ。

無料体験はこちらから

Cambly

画像引用:Cambly公式サイト

無料体験1回
講師ネイティブ
通話ツール独自システム
予約可能時間24時間
最安料金プラン月額3,190円(週1回15分)

『Cambly』は24時間予約なしで利用できるフレキシブルさが魅力のスクールです。ただ、基本的にはネイティブ講師とフリートークになるため、難易度はやや高め。

留学後の英語力キープや、実践的な会話力の力試しに使ってみると楽しいですよ。

無料体験はこちら

ネイティブキャンプ

画像引用:ネイティブキャンプ公式サイト

無料体験7日間使い放題
講師ネイティブ、ノンネイティブ
通話ツール独自システム
予約可能時間24時間
最安料金プラン月額6,480円(無制限)

※ファミリープランなら1,980円

テレビCMなどでも話題になっている『ネイティブキャンプ』。上級者向けのイメージが強いスクールですが、カランメソッドなど初級者が入りやすいカリキュラムが豊富に揃っています。

画面も見やすく、1からでもネイティブ講師のレッスンを受けたい方におすすめです。

無料体験はこちら

ベストティーチャー

画像引用:ベストティーチャー公式サイト

無料体験1回
講師ネイティブ
通話ツールSkype
予約可能時間24時間
最安料金プラン月額12,000円

読み書きから学べる『ベストティーチャー』は、他社オンライン英会話にない独特のレッスンが特徴です。トピックについての英文やりとりを5往復し、最終的に講師が添削、音声練習、そしてようやく会話レッスンへ。

少し時間と手間がかかるのが難点ですが、英語の4技能すべてをバランス良く鍛えていきたい方に向いています。

無料体験はこちら

まとめ

今回は、在宅ワークに切り替わった人に向けて、今こそ英語の勉強を始めるメリットやおすすめの学習方法を紹介してきました。

  • 空いた時間を有効活用できる
  • ビジネス評価につなげられる
  • ドラマや無料サイトを使って独学できる
  • オンライン英会話は一番おすすめの学習方法

どの方法から試しても、失敗にはなりません。あなたが一番興味を持てる方法を選び、楽しさを実感することが重要です。

「やってみようかな」と思っていた英語に、チャレンジしてみましょう!

執筆者
いとうさやか
このライターの記事をもっと読む

30代、元英会話講師です。英語学習マニアでオンライン英会話は20社以上経験。誰かの背中を押せる記事を発信していきたいです!私生活では「40代からが人生の本番」をモットーにまだまだ土台作り中。最近はアメリカ手話を独学で学んでいます。語学以外では美容にかける自己投資比率多めですが、ワークアウトの後に食べるアイスをやめられないのが悩みです。

あなたにおすすめの記事