2020/06/28 2020/07/14

【初心者OK】ガーデニングの始め方や育てやすい花を紹介

色とりどりの花、季節ごとに変わる表情、ガーデニングにはたくさんの魅力があります。

「ガーデニングを始めたいけど難しそう…」と不安に感じている方も安心してください。ガーデニングは初心者でも楽しむことができます。

花の育て方には「地植え」「植木鉢・プランター」がありますが、今回はガーデニング初心者におすすめな「植木鉢・プランター」を使った植え方や育て方を紹介します。

ガーデニングに興味がある方は、ぜひ参考にしてくださいね。

初心者でも楽しめる!ガーデニングの魅力とは?

ガーデニングは初心者でも楽しめる趣味です。庭がない家でも、ベランダや玄関まわりでガーデニングを楽しめます。

日陰を活かした「シェードガーデン」や室内でもできる「インドアガーデニング」など、デザインタイプも豊富です。

ガーデニングの語源はヘブライ語の「gan=囲まれた」と「eden=楽園」を合わせたもので、”楽園に囲まれた空間”という意味を持ちます。

ガーデニングは「あなたが幸せを感じられる空間づくり」と言っても過言ではないでしょう。庭やベランダを自由に彩ることができる、これがガーデニングの魅力です。

ガーデニングにはたくさんのメリットがある

ガーデニングの魅力は、自由に庭などを彩ることができるだけではありません。健康面や精神面、住居環境へ良い影響をあたえます。

ガーデニングのメリット1.健康増進につながる

ガーデニングをすると体を動かすことが多くなります。花を育てるために、水やりや花摘みは欠かせない作業です。そのため必然的に体を動かすようになるため、健康増進につながります。

また、日光を浴びる時間も増えるため、自律神経を整える効果も期待できます。自律神経が整うと、質の良い睡眠や体のだるさの改善につながると言われています。

ガーデニングを始めることで、健康的な生活が送れるようになるでしょう。

ガーデニングのメリット2.心が満たされる

花を育てる喜び、きれいな花を見る喜び、季節の移り変わりを感じる喜び、ガーデニングにはたくさんの喜びがあります。

手間をかけて育てた花がきれいに咲いたときは、感動すること間違いなし!まるで我が子かのように愛おしく感じるでしょう。

SNSにアップして、喜びや感動を共有するのもおすすめです。家の中から眺めながらお茶をするなど、優雅でおしゃれな暮らしも手に入りますよ。

ガーデニングを始めることで、リフレッシュしたり心が満たされる生活が送れるようになるでしょう。

ガーデニングのメリット3.快適な住居環境をつくれる

ガーデニングは、快適な住居環境づくりにも役立ちます。

玄関の目の前が道路になっている、隣の家からリビングが見えてしまうなど、プライバシー確保が難しい立地にお住まいの方もいるかと思います。

このような問題の解消に役立つのがガーデニングです。

玄関前に樹木や花を置く、隣家との間に垣根をつくるなど、ガーデニングを活用すればプライバシーの確保に役立ちます。

また、ガーデニングは近隣住民との交流を深めるきっかけにもなります。

花を見て声をかけてくれたり、すてきなガーデニングをしている家と評判になったりと、コミュニケーションが取りやすい環境になるでしょう。防犯対策につながることもメリットです。

ガーデニングを始めることで、快適な住居環境をつくり出すことができます。

デザインタイプも豊富

ガーデニングはデザインタイプが豊富です。ガーデニングを始める前に、どんな雰囲気にしたいか決めていきましょう。

以下では、主なガーデンデザインを6つ紹介します。

  • 和風庭園:シンプルで落ち着いた雰囲気
  • 北欧風ガーデン:ぬくもりのある落ち着いた雰囲気
  • イングリッシュガーデン:イギリスの田舎風でナチュラルな雰囲気
  • ロックガーデン:緑や岩をメインに仕上げたワイルドな雰囲気
  • コンテナガーデン:プランターや鉢で育てるガーデニン
  • ドライガーデン:雨だけで育つ植物を集めたガーデニン

好みや家の雰囲気に合わせて選んでみてくださいね。

ガーデニングの始め方~準備編~

ガーデンタイプを決めたら、ガーデニングを始める準備をしましょう。準備はたったの3ステップなので、初心者でも安心して始められますよ。

ステップ1|ガーデニングする場所を決める

屋外と室内では、ガーデニングに向いている植物が異なります。まずは、屋外か室内かを決めましょう。

屋外でガーデニングをする場合は地植えも可能ですが、庭の土が植物栽培に適していなければ土づくりから始める必要があり、大がかりな作業になります。

まずは手軽に始められる、植木鉢やプランターを使ったガーデニングがおすすめです。場所移動も簡単におこなえますよ。

室内なら、観葉植物や多肉植物がおすすめです。

ステップ2|苗を決める

ガーデニング初心者は、育てやすい苗を選ぶことがポイントです。

  • 水やりと肥料だけでお世話できる
  • 詳しい知識がなくても育てやすい
  • 花が咲きやすく長い期間楽しめる
  • 暑さや病気に強い

お店で売られている苗のラベルには、性質や育て方が記載されています。どれを選べばいいか分からない場合は、店員にアドバイスしてもらいましょう。

ステップ3|道具をそろえる

ガーデニングに必要な道具は、園芸店やホームセンターで購入できます。

園芸用培養土

園芸用培養土には「草花用」「ハーブ用」「観葉植物用」などがあります。苗に合った土を選びましょう。なるべく水はけがよい土がおすすめです。

植木鉢・プランター

植木鉢のサイズの目安は、苗よりも2回りほど大きいものです。大きすぎると土が乾きにくく、成長が遅れることがあります。小さすぎると、水切れの心配や株が大きくならないことがあります。

肥料

元気に育てるために、生育途中で肥料をあげることが大切です。肥料の種類は、置肥(固体肥料)や液体肥料があります。

鉢底石・鉢底網

鉢底に敷く石や網です。土の排水性や通気性を良くして、根腐れを防ぎます。植木鉢やプランターの穴が小さい場合は、使用したほうが良いアイテムです。

スコップ・じょうろ・手袋

培養土を移すためのスコップ、水やり用のじょうろ、手入れをするときの手袋なども準備しておきます。

ガーデニングの始め方~植え方・育て方編~

準備が整ったら、さっそくガーデニングを始めていきましょう。

ステップ1|苗を植え付ける

鉢底石や鉢底網が必要な場合は底に敷きます。植木鉢に培養土を入れ、ポットから取り出した苗を置きます。苗の根はよほどガチガチになっていない限り、ほぐす必要はありません。

培養土は植木鉢の縁から2~3センチ下がったところまで入れます。このスペースを「ウォータースペース」と呼び、水やりの際に水がこぼれれるのを防ぎます。

ステップ2|新芽をカットする

植え付け後2~3週間は新芽をカットします。株を大きくすることを目的としているため、つぼみや花もカットします。

枝数も花数を増やすための大切な作業です。新芽をカットするかしないかで、育ち方に大きな差が出ます。

ステップ3|水をあげる

土が乾いていない状態で水をあげると、根腐れしたり育ちにくくなったりします。水やりのポイントは以下の3つです。

  • 土の表面が乾いたときに水やりをする
  • 株の根元の土に水をあげる
  • 鉢底から水が流れ出るまでたっぷりとあげる

花や葉にかからないように、適切なタイミングで水をあげましょう。

ステップ4|肥料をあげる

花を元気に育てるためには、定期的に肥料をあげることが大切です。肥料のあげすぎは、病気になったり花が咲きにくくなったりします。

肥料のパッケージに記載されている量を守ってください。

置肥は残っている肥料を取り除いた後に、液体肥料は水やりの後にあたえます。

ステップ5|花がらをカットする

咲き終わった花(花がら)をカットすることで、次の花が咲きやすくなります。病気の発生も防げるので、こまめに花がらをカットしましょう。

花の付け根からカットすることがポイントです。

ガーデニング初心者でも育てやすい花は?おすすめを8つ紹介

この章では、ガーデニング初心者でも育てやすい花を8つ紹介します。どれも手入れが簡単で、丈夫なものばかりです。

1.マーガレット

マーガレットは、かわいらしい花が特徴のキク科の多年草です。鉢植えにピッタリなので、初心者でも育てやすい品種です。

強さ

寒さや日陰に強い

白、ピンク、黄、クリーム、アプリコット

開花時期

11月~5月頃

2.シュウメイギク

シュウメイギクは、菊に似た花が咲くキンポウゲ科の多年草です。見栄えが良く、庭や玄関まわりを華やかに見せてくれます。

強さ

暑さに強い

白、ピンク

開花時期

9月~11月頃

3.スノードロップ

スノードロップは、早春に花が咲くヒガンバナ科の球根植物です。植え付けた後は特別な手入れをしなくても育つため、忙しい方でも育てやすい品種です。

強さ

寒さに強い

開花時期

2月~3月頃

4.スイセン

スイセンは、色や種類が豊富なヒガンバナ科の球根植物です。植えっぱなしで管理できるため、ガーデニング初心者におすすめの品種です。

強さ

寒さに強い

白、黄、緑、ピンク、オレンジなど

開花時期

1月~4月頃、秋に咲く品種もある

5.マリーゴールド

マリーゴールドは、長期間咲き続けるキク科の一年草です。広いスペースでも狭いスペースでも育つため、場所を選ばず楽しめます。

強さ

暑さに強い

黄、オレンジ、白、赤、複色

開花時期

4月~12月頃

6.クリスマスローズ

クリスマスローズは、冬に花を咲かせるキンポウゲ科の植物です。日陰でも育つ丈夫な品種で、寒い時期の庭に彩りを添えてくれます。

強さ

寒さや日陰に強い

白、ピンク、緑、紫、黄、黒、アプリコットなど

開花時期

1月~4月頃

7.ローズゼラニウム

ローズゼラニウムは、バラのような香りがするフウロソウ科のハーブです。ガーデニングだけではなく、アロマオイルや料理の香りづけにも使用できます。

強さ

暑さにわりと強い

ピンク

開花時期

5月~7月頃

8.ローズマリー

ローズマリーは、料理や美容にも使われるシソ科のハーブです。とても丈夫で、環境が合えば一年中花を咲かせます。

強さ

暑さや寒さに強い

青、青紫、ピンク

開花時期

周年(品種による)

ガーデニング初心者におすすめの本は?

「ガーデニングを始めたいけどきちんとできるかな…」と不安に感じている方は、ガーデニングに関する本を読んでみましょう。

この章では、ガーデニング初心者におすすめの本を3つ紹介します。ガーデニングの基礎知識や庭づくりのコツを掴むための参考にしてくださいね。

おすすめ1.素敵に彩る 小さな庭づくり ガーデニングの基本からDIYまで

庭の実例が多く紹介されている本です。大きな写真と丁寧な解説で、初心者でも分かりやすい一冊です。

出版社: 西東社

定価:1,500円(税抜)

購入可能サイト:Amazon

おすすめ2.NHK趣味の園芸 4つの役割が決め手! 宿根草でつくる自分好みの庭

きれいな庭をつくるコツがまとめられている本です。見栄えのよい庭をつくりたい方におすすめの一冊です。

出版社:NHK出版

定価:1,300円(税抜)

購入可能サイト:Amazon

おすすめ3.決定版 自分でつくるおしゃれで小さな庭

土づくりから植え付け方まで、丁寧に解説されている本です。すてきな庭づくりの参考になる一冊です。

出版社:講談社

定価:1,300円(税抜)

購入可能サイト:Amazon

おすすめ3.NHK趣味の園芸 4つの役割が決め手! 宿根草でつくる自分好みの庭

きれいな庭をつくるコツがまとめられている本です。見栄えのよい庭をつくりたい方におすすめの一冊です。

出版社:NHK出版

定価:1,300円(税抜)

購入可能サイト:Amazon

ガーデニングの知識をより深めたいならユーキャンで学ぼう!

ガーデニングの知識をより深めたいなら、ユーキャンの「ガーデニング講座」を受講してみてはいかがでしょうか。

ユーキャンの「ガーデニング講座」は、寄せ植えやリースづくりなどの基礎から、コーディネート法までしっかり学べる講座です。

オールカラーで分かりやすいテキストや、寄せ植えやリースがつくれるマスターキットなど、全6種類の教材がセットになっています。

プロのガーデナーが、添削やアドバイスをしてくれることも特徴です。ガーデニング初心者でも、すてきな庭づくりができるようになりますよ。

受講期間

6ヵ月

受講サポート期間

受講開始から12ヵ月まで

サポート体制

添削・個別アドバイス:全4回

質問:あり

修了証:希望者のみあり(有料)

講座費用

一括払い:35,000円(税込)

分割払い:2,980円×12回(税込)

ガーデニングを楽しみたい!と考えている方は、まずは無料で資料請求をしてみてはいかがでしょうか。

ユーキャン「ガーデニング講座」の資料請求はこちらからできます。

まとめ:ガーデニングは初心者でも楽しめる!

ガーデニングは見た目の美しさだけではなく、健康やリフレッシュにもつながる趣味です。初心者でも育てやすい花もあるので、気軽に始めることができます。

自宅のスペースに合わせて楽しめることもポイント!お好みの花で、すてきな庭やベランダをつくることができます。

この記事で紹介した”ガーデニングの始め方”や”おすすめの本”を参考にして、ガーデニングを楽しみましょう。

ガーデニングの知識をより深めたいなら、ユーキャンの「ガーデニング講座」がおすすめです。気になった方は資料請求してみてくださいね。

執筆者
kumi
このライターの記事をもっと読む

自分らしく生きていくために、会社員からフリーライターに転向したシングルマザー。多忙な生活で体調を壊したことをきっかけに、すべての土台となる「健康」への自己投資を開始。食事・睡眠・運動・ストレスとの向き合い方などあらゆる方面からアプローチし、健康な心身づくりを心掛けている。美容や料理のスキルもアップデート中。

あなたにおすすめの記事