2020/05/18 2020/05/01

アンガーマネジメントは需要が高い資格!取得方法や費用を紹介

ストレス社会と呼ばれる今、ほとんどの人が何らかのストレスを抱えているでしょう。なかでも、人間関係の悩みにストレスを感じている人は多いかと思います。

あなたは、感情に任せてひどく怒った経験はありませんか?自分自身の怒りがコントロールできないと、怒りに対して適切に対処できなくなります。感情に任せた怒りをぶつけ続けることで、人間関係は次第に悪化していくでしょう。

このような状況を解決するために有効なのが「アンガーマネジメント」です。アンガーマネジメントとは怒りと上手に付き合うためのテクニックのことで、プロとしての資格もあります。

社員の育成や指導に役立つ資格として、ビジネスシーンにおいても需要の高いスキルです。

この記事では、アンガーマネジメント資格について詳しく解説します。

  • どのような資格なのか?
  • 就職に役立つのか?
  • 資格取得方法や費用

などをお伝えしますので、ぜひ資格取得の参考にしてみてください。

アンガーマネジメント資格ってどんな資格なの?

アンガーマネジメントとは、1970年代にアメリカで誕生した「怒り」に対する心理トレーニングのことです。

もともとは犯罪者の矯正プログラムとして活用されていましたが、時代の変化にともない一般でも活用されるようになりました。

日本では2000年代ころから一般で活用されはじめ、現在はビジネスシーンで需要の高いスキルとして注目を集めています。

怒りの感情をコントロールするためのテクニック

人は誰しも「怒り」の感情をもっています。

  • ささいなことでイライラして感情的になってしまった
  • 必要以上に怒ってしまった
  • 余計なひとことや嫌みを言ってしまった

このような「怒り」を経験したことがある人は多いでしょう。しかし、これらは本来必要な怒りではありません。

不要な怒りをコントロールして、ストレスを緩和させるテクニックが「アンガーマネジメント」なのです。

アンガーマネジメントが注目されている理由

アンガーマネジメントは、2019年5月に成立した「パワハラ防止法」によって注目されはじめました。職場のいじめや嫌がらせは年々増加しており、大きな社会問題となっています。

パワハラをなくすためには、加害者が自分自身の怒りをコントロールすることが必要になります。そこで注目されたのが「アンガーマネジメント」です。

アンガーマネジメントを身につけて、根本的にパワハラをなくす動きが多くの企業で実施されています。

アンガーマネジメントの資格は就職や転職に役立つの?

アンガーマネジメントは、現代のビジネスシーンで注目されている資格です。とはいえ、実際に就職や転職に役立つかどうか気になるところでしょう。

この章では、アンガーマネジメントの資格が活用できる職種や、働き方について紹介します。

アンガーマネジメントが活用できる職種は多い

アンガーマネジメントは、さまざな業種で活用できる資格です。特に感情を使って人と接する仕事は、アンガーマネジメントの資格が大いに役立つでしょう。

感情労働が必要な職種には、以下のようなものがあります。

  • 医療専門職:看護師、介護士、カウンセラーなど
  • 教育職:保育士、教師など
  • 接客・サービス業:ウェイトレス、販売員、ホテルスタッフなど
  • その他:営業、オペレーター、秘書、受付など

また感情労働ではない事務職やエンジニアなども、社員同士のコミュニケーションにアンガーマネジメントを活用することが可能です。

価値観が多様化している現代では、価値観のズレによって怒りを覚えることは珍しくありません。しかし仕事だからと我慢していると、たまった怒りが爆発してトラブルに発展する恐れもあります。

人間関係が良好になれば仕事の効率アップにもつながるため、経営者や管理職がアンガーマネジメントの資格を取得するケースも増えています。

副業としてアンガーマネジメントを仕事にする

働き方改革の施行にともない、副業のニーズは高まり続けています。「給料が下がったから副業をしたい」「新しいことにチャレンジしたい」と考える人も多いでしょう。

アンガーマネジメントの資格を持っていれば、副業で講師やインストラクターの活動をおこなうことも可能です。

講師やインストラクターの仕事を希望する場合は、お住まいの地域の自治体に講師登録をしておきましょう。地元の企業や学校から、仕事を依頼されることもあります。

夫婦関係や子育てにも活かせるため、知人や友人を集めて講習会を開くのもよいでしょう。

アンガーマネジメントは、結婚や出産、引越しなどでライフスタイルが変わっても続けられる仕事です。一生ものの資格として、取得してみるのはいかがでしょうか。

アンガーマネジメントの資格は通信講座で取得可能!費用は?

アンガーマネジメントの資格は、通信講座で取得できます。年齢や学歴、実務経験に関係なく受講・受験することができるため、どなたでも資格取得を目指せます。

通信講座の大きなメリットは、好きなタイミングで学習できることです。隙間時間に取り組めるため、まとまった時間が確保できない人でも無理なく学習を進められます。

また学習中に分からないことが出てきても、質問サポートを受けることが可能です。「一人できちんと勉強できるかな」と不安を感じている人も、安心して取り組めます。

アンガーマネジメントの資格が取得できる通信講座を2つ紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

生涯学習のユーキャン

ユーキャンの「アンガーマネジメントベーシック講座」は、日本アンガーマネジメント協会の認定講座です。

アンガーマネジメントベーシックの資格を取得できるのは、通信講座ではユーキャンのみです。

また最終の添削課題が資格認定試験となるため、課題とは別に受験をする必要がありません。

標準学習期間3ヵ月
指導サポート延長期間受講開始から6ヵ月
サポート体制添削:全2回(内1回は資格認定試験)

質問:1日3問まで可能

受験方法在宅受験
受験資格すべての課題を提出している者
合格基準2回目の添削課題正解率が70%以上で合格
受験料講座費用に含まれる
講座費用一括払い:29,000円(税込)

分割払い:2,980円×10回(税込)

学習時間の目安は1日20分・週3日ほどです。シンプルで分かりやすいテキストで、効率よく学習できます。

ユーキャンには、他にもおすすめポイントがあります。

  • 学習スケジュール管理や復習ができるサポートサイトが利用可能
  • 教材の送料はユーキャンが負担
  • 教材到着後8日以内なら返品可能

はじめて通信講座を利用する人でも、サポート体制がしっかりしているので安心して受講できます。お手頃な講座費用も、受講しやすいポイントのひとつです。

資格のキャリカレ

キャリカレの「アンガーコントロール実践講座」は、日本能力開発推進協会(JADP)が認定した「アンガーコントロールスペシャリスト資格」を受験できる通信講座です。

すべてのカリキュラムを修了していれば、いつでも何度でも受験できます。ご自身の都合に合わせて受験できるので、忙しい人にもピッタリの通信講座です。

標準学習期間3ヵ月
指導サポート延長期間受講開始から700日間
サポート体制質問:何度でも質問可能

添削:全3回

受験方法在宅受験

※随時受験可能

受験資格すべてのカリキュラムを修了している者
合格基準得点率70%以上で合格
受験料5,600円(税込)
講座費用一括払い:36,000円(税別)

分割払い:1,880円×24回(税別)

※インターネット申し込みの特別価格

学習時間の目安は1日15分ほどです。ちょっとした隙間時間を有効活用して、学習に取り組めます。

また、資格取得後のサポートが充実していることもポイントです。

  • 専属キャリアコーディネーターによる就職・転職サポート
  • ホームページ作成を無料でサポート

受講中だけではなく資格取得後のサポートも希望する人は、キャリカレを検討してみるのもよいでしょう。

まとめ:注目のアンガーマネジメント資格を取得してビジネスに活用しよう!

アンガーマネジメントは、ストレス社会と言われている現代のニーズに合った資格です。ビジネスはもちろん、夫婦関係や子育てにも役立つスキルと言えます。

人間関係の問題は、年齢や性別に関係なく起こるものです。怒りを感じる場面は、日常生活の中でたくさんあるでしょう。だからこそ、アンガーマネジメントが必要とされるのです。

自分自身の怒りと上手に付き合いたい人や、仕事に活かしたいと考えている人は、この機会にアンガーマネジメントの資格を取得してみるのはいかがでしょうか。

執筆者
kumi
このライターの記事をもっと読む

自分らしく生きていくために、会社員からフリーライターに転向したシングルマザー。多忙な生活で体調を壊したことをきっかけに、すべての土台となる「健康」への自己投資を開始。食事・睡眠・運動・ストレスとの向き合い方などあらゆる方面からアプローチし、健康な心身づくりを心掛けている。美容や料理のスキルもアップデート中。

あなたにおすすめの記事